×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX

FX入門用語解説集・比較編

FX比較

FXを始めたいんだけど、どこも同じなのかな?ということで、なかなかFXの取引先を決めれない人は多いかと思います。

そこで、FX会社で有名な代表2社を比較してFXの始める前にを解説しようと思います。

まず、一つ目の会社FXCMジャパンです。

この会社の特徴は、国内FX業界 取引高において2年連続1位の実績と、取引手数料を無料に設定している点です。

さらに、迅速かつ自由な取引環境を提供しているといえます。

信託分別管理、充実の24時間カスタマーサポートで安心のお取引環境を実現、新規口座開設キャンペーンもおこなっています。

次に、2つ目の会社は三井物産フューチャーズです。

この会社の特徴は、デイトレード手数料は片道のみということで、通常手数料も1単位あたり片道150円〜500円と業界最安値の手数料に設定 しています。

三井物産グループ企業という事で、ブランドとしての人気もあり安心感からお取引をしている人が多い中堅の証券会社です。

『取引無料』ということでは、CMジャパンで始めようかという方も多いかと思いますが、常に証券会社を選ぶ場合に推し進めている事が あります。

それは、『サービスの度合い』です。

つまり、三井の方が長くお客様の満足を勝ち取ってきているので、まずは安心して始められるのは三井だと言う事です。

なので、その点で比較しても料金と言う人には、ここではfxCMジャパンの方が良いと私は考えていますのでご参考下さい。

ページトップへ戻る ページトップへ戻る

 
HOME / FX会社 / FX手数料 / FXの取り組み方 / FX会社選定基準 (PR)三井住友VISAカード申込
Copyright © 2008 FX入門用語解説集・比較編 All rights reserved.